ミニマリストの幸せな暮し

ミニマリストママ。( 21歳、11歳、6歳の子の母)職業は看護師です。モノとの向き合い方。食事、睡眠など健康で幸せに生きるためのエッセンス。

可燃ごみの日

可燃ごみの日。それは私にとってモノと向き合う時間が出来る日。(笑)


f:id:takisanyattane:20210418212634j:image

可燃ごみの日は、月曜日と金曜日。

ゴミ袋の少しの隙間を埋める為、処分するモノを探して引き出し、タンス、押入れ、下駄箱、数々の収納を見渡す。(笑)

キッチンのタッパー。半年位使ってないモノは、ありがとうしてさようなら。

古くなったタオルとにらめっこ。迷ったらありがとうを言ってさようなら。靴下とにらめっこ。光に透かして(?)向こう側の光がすこしでも見えたらアウト!

旦那のシャツ、匂いをかいで…残念ながらさようなら。あ、在庫の確認してから処分、足りないと思えばすぐ買い足します。

ちなみに子供の肌着もワンシーズンでチェンジしてますので、昨年のモノはもちろんありません。第一成長して着れないです。

衣類を処分する際には棚の上とか冷蔵庫、洗濯機周りやら拭かせて頂いて、ありがとうと言って処分します。

衣類は大体、イオンかユニクロなので、処分した後はイオンかユニクロに出没。買い足します。

以前は買ってきてから処分していましたが、最近は処分が先です。もし足りなかったら…洗濯&乾燥すればOK(笑)

 

毎日の生活に必要なモノは意外と少ない。

 

朝起きてから夜寝るまでに使うモノの数の少なさに気付く

 

空間、収納スペース、時間、お金…ゆとりがある暮らしがしたい。

 

モノが少ないと手入れや収納、掃除に時間がかからない。そしてモノが少ないと、今あるモノを大切にするので、必要以上のモノは必要ないことに気付く。

 

モノと向き合い、もう十分に役目を果たしてくれたモノに感謝し処分する。

 

使っているモノ、必要なモノだけあればいい。

 

 

足るを知る。

 

沢山のモノがなくても、ときめくモノがなくても、今の暮らしに満足しています!😉

 

 

すべてに感謝🍀ありがとう🤗